自分に合った眉毛の整え方

顔の印象を決めるのは眉毛です。美しい眉を作るためには自分に合った、眉の比率を知ってそれに合わせて眉を整えていくことが大切です。 丸顔の人は眉頭を薄くし、目尻に向かって少しずつ濃く描いていくことがポイントです。グラデーションに描くことによって立体感が出て、顔が引き締まった印象になります。 顎がシャープな人は、眉毛がきりっとしたものだと顔立ちがキツく見えキツい印象になりがちです。そのため眉は急な角度を付けずにアーチを描くようにすることで、柔らかい印象となります。 面長タイプはやや太めに短く描くことをおすすめします。眉山を低く目尻寄りに描くと輪郭ではなく、目に印象が行きます。 おでこが広いという場合には、眉の上側を描き足すことによっておでこを狭く見せることができます。眉と目が広い場合には眉の下側に書き足せば眉と目が近づきます。自分の目の周りのパーツと眉を描き足すことによってバランスが摂れるようになります。 また、髪の色に合わせて色を変えていくことも大切です。髪の色と眉の色が合っていないと違和感を感じてしまいます。そのため髪の色よりもやや明るめの色を選択します。 自分に合った眉の比率を知り、髪の色に合わせた色を選んで、自分の目の形に似合う眉を描いていくことで顔の印象は変わっていきます。

眉毛で顔全体の印象が決まります

女性は、少しでも綺麗に見せるために、メイクアップを行いますが、中でも最も難しいパーツだと言われているのが眉毛で、毎朝四苦八苦している方も少なくはありません。眉毛はお顔の額縁、と揶揄されることもあるくらい重要な役割を担うパーツで、全体の印象を決めてしまう部位でもあるので、アイメイクを引きしめるためにも、手を抜かずに美しく仕上げたいものです。しかし、自分の顔にはどういった形が合っているのか、ということをはっきりとわかっている方は意外と少なく、違和感のある眉毛に収まっている方も多いようです。眉の形にも時代の流行というものがあり、そこを踏まえたうえで、自分の顔立ちに似合うデザインにしなければ、対面する他人に違和感を与えてしまい、魅力を増すどころか逆にマイナスイメージを植え付けてしまうこともあるので、一度アイラッシュサロンなどで整えてもらうことも大切です。どうしても自分の描く癖などもあって、非常におかしな形をされている方も多いので、プロの手による、本当に自分に似合うデザインを見つけてもらうということは、眉毛メイクが上手になる秘訣でもあります。また色味も、瞳や髪の色と合わせると、すっきりと違和感なく仕上げられます。

Valuable information

別れさせ屋
http://www.wakaresaseya-advice.net/
二子玉川 美容院
http://www.service-hair.com/
岡山市 整体
http://www.reborn-nanba.com/
東村山 美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000216697/
香水 買取
http://kousuikaitori.com/
浮気調査 福岡
http://www.cbnr.jp/
プロポーズ 大阪
http://www.enjoy-propose.com/
タイ料理教室
http://pontdor.jp/thai/

2016/5/9 更新